大阪港湾労働組合<公式>│大阪市港区│港湾荷役(コンテナ、鋼材、自動車など)│コンテナ輸送│倉庫内作業│荷役関連作業(コンテナ、本船内ラッシング)

  • 大阪港湾労働組合は、一致団結して活動します。
  • 心をひとつに、安心できる未来の目指して。
 
 

中央港湾団交経過

中央港湾団交経過
 
第3回中央港湾団交
全国港湾は、3月24日芝浦サービスセンター会議室において第3回中央港湾団交を開催した。
 
業側は、適正料金収受と認可料金制度の復活についての対応、新型コロナ感染症についての対応、各個別賃上げ、AI・荷役機器遠隔操作、産別協定集の編纂、労使継続諸課題などについて回答を行った。
組合側は、業側修正回答について一定の評価をしたが、もっと具体化した回答にすべきとの主張と反論を行った。
次回団交は事務局間で調整することで同意した。
 
 
第4回中央港湾団交は未定
 
 
 
 
 
第2回中央港湾団交
全国港湾は、3月9日芝浦サービスセンターに於いて第2回中央港湾団交を開催した。
日港協は具体的なものがなく不誠実な回答に終始した。
組合側は、回答に大いに不満であるとして強く反論と主張を行った。
日港協は、組合側の主張を受けて次回団交までに意見をまとめて修正回答を行うとして次回団交を設定した。
 
 
第2回中央港湾団交は3月24日13時30分から
 
 
 
第1回中央港湾団交
全国港湾の21春闘がスタートした。
2月17日、芝浦サービスセンターに於いて第1回中央港湾団交を開催し「21春闘要求書」を日港協に提出した。
趣旨説明を時間短縮及び正確に伝える目的で文章化にした手法で行った。
趣旨説明では認可料金制度復活への共同取り組み、コロナへの対応(コロナを理由に賃上げ抑制、人員削減を行わない。ワクチンの優先接種)、継続課題の解決促進、賃上げに誠意ある回答をしなければ21春闘は解決しないことを強く主張した。
業側からは、次回団交からリモートで行いたいとの提案があり開催場所と方法は事務局間で調整として、文章回答は拒否した。
 
 
次回、第2回中央団交は3月9日13時から
 
       
 

お知らせ(活動報告)

お知らせ(活動報告)
  2021-04-08 第4回船内団交
  2021-03-29 第3回船内団交
  2021-03-15 第2回船内団交
  2021-02-25 21春闘合同要求趣旨説明会
  2021-02-25 第2・3回幹事会
   
「たとえ小さな一歩でも、昨日より確実に前へと進んでいること。」それこそが、わたしたち《大阪港湾労働組合》のモットーです。このホームページでは、皆さまのお役に立てるようタイムリーな情報発信を心がけてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
<<大阪港湾労働組合>> 〒552-0023 大阪府大阪市港区港晴2-14-25 TEL:06-6571-0308 FAX:06-6571-0318